陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS ケータイの一人旅 2

<<   作成日時 : 2018/02/08 06:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

「警察へ行こう。」



警察署の遺失物係、です。




画像






ケータイ電話の特徴をできるだけ細かく書く指示を受けました。



機種は、はiPhone8

色は、ゴールド。

スマホケースは、赤と黒、赤が6割くらい。

待ち受け画面は、雪景色。




大阪の中、どこかに届が出ていないかPCで検索するので
腰かけて待つように言われました。



朝の警察署、訪れる多くは、運転免許書の切り替え。

工事関係者でしょう、道路使用許可の申請に来ている人もしました。


警察署と言っても、受付のある1階は、事務が専門の人、
スーツ姿の人…
婦警さんの姿が目立ちます。





画像






道場もあるのでしょうか、剣道着姿の人もいました。



しばらく待っていると、ひとりの男性警察官が、
まだ届いていないことを告げに来ました。


「あのう…今は、電源入っていないようなんですが、
昨夜の時点では、公園の向こうのビルにある、と出ていたんです。」


「お気持ちはわかりますが、遺失物のケータイを警察が、
確証もないままに1軒1軒訪ねるわけにはいかないんですよ。」


「届けがあればすぐにお知らせします。それより今は先に、
ケータイショップに行き、ストップしてもらって下さいね。」


「よろしくお願いします。」 しかいえません。



その足でauショップへ向かいましたが、まだ営業時間前。

そのまま、前日、あった場所へ向かいました。


路駐しかできなかったので、夫を車に残し、
ひとりでビルに入りました。

ビル1階は、不動産会社のようで、中は全く見えません。


重厚なドアを開けると2重扉で、その中は全く見えず、
インターフォンだけあります。


ピンポーン…  


失礼のないように、どう言えばいいのか…

ドキドキ、ドキドキ…


インターフォン越しに昨夜の顛末を話したところ、
受付のとてもかわいらしいお嬢さんが、出てきてくれました。

「うちの社では、誰も預かっていないようなんです。」

やはり、上のマンションのどなたかでしょう。

万が一、あれば、と、連絡先だけを渡しました。



帰ろうとした時、
「あの、この近くに交番がありますが行かれましたか?」
とその女性。


「いえ、警察署には行きましたが、まだ届いていなかったんですよ。」


「ここからすぐですし、1度行かれてみてはどうですか?」


「ありがとうございます。」




交番は、側道を少し入ったところ、すぐに見つかりました。




画像





中にはお巡りさんが3人いました。



「おはようございます。どうされましたか?」


警察署とは違い、和やかな朝の空気が流れていました。


「昨日、公園で…」


「届けは?」


「○○警察署に出しましたが、まだ届いていませんでした。」


「う〜ん、大阪市内、どこの警察、交番に届けを出しても、すぐに検索できるので、それなら、まだ、届いてないのだと思いますよ。」



「昨日の夜ね、iPhoneを探す機能で、ここのすぐ近くのビルを示していたので、もしかしたらこちらに届いていないかと思いまして。」



「電話の特徴は?」


「ゴールドで、待ち受けは雪景色…」


「う〜ん」

お巡りさん3人、首を傾げたり、顔を見合わせたりしながら、



「実は今朝、iPhoneの落とし物の届けが1件あるにはあったけど、特徴が違うんですよねぇ…」



「それでもなぁ、もしかしたら、それかなぁ…。」




「ご主人、もしかして、ケータイカバーの内側にシール、
貼っていませんでしたか?」


   (シール、て、…)


「貼ってます、貼ってます。」


   (えっ、貼ってんの?)


「じゃぁ、やっぱりそれかも知れませんね。」



うちの家とこの交番は、公園を挟み、区が違うので、
管轄する警察署も違います。



私たちが行った警察署で検索していたころ、ちょうど、
ケータイが移送?途中だったのでしょうか?



☆☆警察署の遺失物係に、電話で連絡取りながら、

「ご主人、パスワード伺ってもいいですか?」


「おっ、ロック解除できましたか! 間違いありません、
今からそちらに向かっていただきます。」



夫のケータイは、隣の区の警察署に送られていました。




「いやぁ、待ち受けはワンちゃんだし、
ケータイの色は黒だったから、
てっきり違うものだと持っていました。」と、お巡りさん。



そうなんです。
電源を入れてまず目にするのは、明日架の待ち受け。




画像





雪景色は、パスコードを入れて初めて出てくる画面です。


そして、ケータイの色、ゴールドはゴールドなんですが、
真っ黒なカチッとしたカバーをはめて、ブック型カバーをしているから、黒、と思われて当然なんです。


で、赤と黒のカバーも、よく見ればエンジと紺だし、
私なんか横から、真ん中から上下に2色に分かれていたと証言したけど、実際は、縦に2色だったし。

紺の部分全体の1割もないし…




気が動転してるとはいえ、毎日身に着けているものでさえ、
記憶の曖昧さにびっくりです。



「届けて頂いた方に謝礼をしたいのですが。」



「落とされた方はお困りでしょうから、無事に届けてください。

謝礼は、固く遠慮します。とおっしゃってましたので。」

とおまわりさん。



「では、一言お礼だけでも。

ご連絡取っていただくわけにはいきませんか?」


「伺ったけど、名乗らず行かれたんですよ。」



「わかりました。ありがとうございます。」





「☆☆警察署、場所、お分かりですか?」


「あわてず、安全運転でおねがいしますね。」


「いやぁ、本当に良かったですね。」



三人のお巡りさん、交番の外まで送り出してくれて、
車がバックするのに、「オーライ、オーライ!」



それから20分ほどでしょうか、iPhoneを無事に手にした途端、
急におなかが空いてきました。


ようやく笑顔の戻った夫と、
ファミレスで、遅い遅い朝ごはん。



夫のケータイ、見つけて頂いたのはどんな方だったのでしょう?

何度も着信音が鳴るけど、出方が分からなかったのかも?

もしかしたら、お年寄りかな?


見つけて交番にまで届けてくださった方、

交番の場所教えてくれた受付のお嬢さん、

3人のお巡りさん、

そして手渡してくれた次の警察署の婦警さん…



ケータイが無事、一人旅から帰宅できたのは、
たくさんの人の善意のおかげです。



夫はその後、もう2度と落とすことの無いように、と、
ケータイとズボンやバッグを繋ぐ金具のようなものを
アマゾンで買いましたが…


見てると、その金具ごとポケットに入れています。



だめだ、こりゃ…







画像
公園で樹の上のニャンコを見つけた明日架










画像
ジャンプしてもね、ニャンコの方が1枚上手だよ


               
にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました!7時30分!!
先ずは先ずは、おめでとう
ご主人様、安心なさったでしょうね。
ってかぁ〜、昨夜からズーッと、気になっていた私が安心しました。
世の中、嫌なニュースで溢れかえっているけど 捨てたもんじゃないですね、日本
明日架パパさ〜んポケットに入れちゃ駄目〜
って・・・私も気をつけよ
ゴル子
2018/02/08 07:40
ゴル子さん、
ご心配おかけしました。
夫が買った金具というのは、
ズボンとかに引っ掛けて、電話する時は、引っ張るとひもがビョーンと伸びるものです。
ズボンやカバンを変えるたびに、つなぎ直すのが面倒なようで、それごとポケットに入れてしまっています。
今回の出来事に、懲りてくれていれば、いいのですが…。
ソレイユ
2018/02/08 10:18
よかった!!
よかったね!!
人間、捨てたもんじゃない!!

無くしたiphoneが戻ってくるなんて!!
やっぱり日本だ!

いろんな人の親切が心に沁みます・・。
なんだかさぁ・・・
自分のことのように嬉しいわん!!
こすももの母で宙!!
2018/02/08 10:49
こすももの母で宙‼さん、
ありがとうこざいます。
私も夫のことエラそうに言えなくて、デパートで買ったばかりのスイーツをトイレに置き忘れたり、酷い時には病院に、財布もケータイも入ったバッグを忘れたり…
でもその都度、無事にすぐ手元に戻ってきたのは、日本ならではなんでしょうね。
ご心配をおかけしました。
ソレイユ
2018/02/08 14:38
良かったですねえ。
日本ていい国ですねえ。うちの息子たちも何回かケータイやらさいふやらなくしましたが、交番にとどいていました。家族総出であちこち探して見つからなくて、見つかった時はほんとうにうれしかったです。親切な方がたくさんいるんですねえ。名乗らない方ばかりで御礼をしていないのですが、かわりに落とし物を自分が見つけた時は届けるようにしています。
えんねこ
2018/02/09 15:08
えねこさん、
ありがとうございます。
善意の連鎖は、良いですね。
昔、妹が2歳くらいの時、スーパーで、父にそっくりな人の後について行って、スーパーの外に出てしまい迷子になったことがありました。
親切な人が交番に連れてってくれてたこと、両親と迎えに行ったら、おまわりさんに抱っこされてたこと、思い出します。
いろんな方にお世話になっていますが、私が人に感謝されることしたこと、あまりないかもしれません。
ソレイユ
2018/02/10 00:55
良かったですね
誰もが何度か経験あることだけど
心臓ドキドキしますよね
本来もっと大切に取り扱って財布同様の感覚を持たなければいけないのに
軽はずみな取り扱いしてますよね。
ついそこらへんに置き忘れてる事が何度も…
今のスマホの中には財布以上の大切なものが
入ってるのにね。
でも、手元に戻って来て本当良かったです
karatodai
2018/02/11 13:30
カラさん、
ありがとうこざいます。
たしかに、ケータイ、て、電話だけでなく、財布にカメラにパソコン機能まである、ドラえもんのポケットのような存在なのに、軽く扱い過ぎかもしれませんね。
今回はたまたま良い人に見つけてもらえて良かったけど、次は無いと言いきかさなければ!
本当に、戻ってきてくれて、ほっとしました。
ソレイユ
2018/02/12 01:10
題名を見て、新種のゲームかと
思いましたわ。

私は夫の形見のアイフォンを使っていますが、
いつも、食堂内で、無い無いやっています。

無事に見つかって何よりです。
ラム子
2018/02/16 03:24
ラム子さん、
ありがとうございます。
iPhoneのGPS機能を使って探したり、行き詰ったところでヒントくれる人が現れたり、リアルお宝さがしゲームのようでした。
見つかって良かったのですが、こんなハラハラドキドキのゲームはもう、ノーサンキューです。
ご主人の片身なら、余計に無くすわけ行きませんね。
電話は返事をしてくれるので、ありがたいですよね。
ソレイユ
2018/02/18 03:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケータイの一人旅 2 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる