陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫の還暦祝い

<<   作成日時 : 2017/07/23 10:38   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

今年の正月、兄弟家族が揃う中、

「僕はこの夏還暦を迎えますので、
みんなで集まってご飯食べましょう。」

夫からのいきなりの粋な提案。



まだまだだと思っていたら、あっという間の7月。

昨夜、兄弟家族に従兄妹も誘い、夕食会を開きました。





画像


会場は、先月私の妹も一緒に行った、
夫の友人が経営するフレンチレストランです。






『還暦を祝う会』の司会は甥っ子。



画像








乾杯のあいさつは、弟。


画像






義理兄による、サックスのジャズ演奏までありました。



画像
         












画像
         生ハムと夕張メロン










画像
        天使の海老のサラダ











画像
         冷製ポタージュスープ










画像
          オマール海老









画像
       ウニとほうれん草のグラタン










画像
         牛フィレステーキ










今回のメンバーに、7月生まれが4人。

サックスに合わせてHappyBirthdayを歌い、
お店が用意したくれた大きなケーキのろうそくの灯を4人で、
吹き消しました。





画像








画像





近くにいても、いとこまで揃って食事するのは、
喪服を着てることが多く、時間を忘れて他愛無い話をしたり、
大笑いしたのは、いつ以来だろう、と
みんな喜んでくれました。



会の最後に、夫から居合わす人、ひとりひとりに感謝の言葉。



まずは、母に。

ぼくが生まれた日も、きっと今日のように暑い日だったと思います。
クーラーもない中、元気に産んで元気に育ててもらいありがとう。
今年90歳、元気でいてくれてありがとう。
今なお、みんなを叱咤激励し導いてくれてありがとう。





画像





そして数年前、医者から命の危機まで告げられるような
大病した従兄妹には、

元気に戻ってきてくれてありがとう。
今日は、Aちゃんの全快祝いの会でもあります。

そう話しながら、心配を重ねた日を思い出したのか、
少し言葉に詰まると、居合わせた全員が目頭を熱くしました。




そして最後に万歳三唱。


6時から始まった会が終了したのは、10時半。



今回司会をお願いした甥っ子夫婦には、結婚6年目の今年、
お腹の中に新しい命を授かりました。


11月に誕生予定のその子の干支は、夫と同じ
、『丁酉』(ひのととり)。

60年に1度の偶然の一致です。

その子が還暦を迎える60年後も、
美しい地球、平和な日本であることを、
心から祈らずにはいられません。




画像









赤いポロシャツ、赤い靴、赤いゴルフボール、
明日架そっくりのリヤドロ人形…




画像



身に余るお祝いの数々に、恐縮しながらも、
楽しい、うれしい、一生心に残る還暦祝いでした。





皆さん、本当にありがとうございました。

これからもずっと、よろしくお願いします。




画像








画像

明日架、お留守番ありがとうね。




画像



                
にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵〜
おめでとうございます。
ブログと共に、サックスのハピバメロディーが流れようものなら、感激で涙が出てきそうだわ。
素敵な一族!素敵な旦那様に( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯。
ゴル子
2017/07/23 16:28
ゴル子さん、
ありがとうございます。
周りに改まって感謝を伝えるなんて、なかなかないので、還暦をきっかけにというか、その気持ちを伝えるための、食事会だったようです。
私にまでメッセージがあり、嬉し恥ずかし、なんだか、一本取られた気分です。
ソレイユ
2017/07/24 06:23
おめでとうございます
皆様が集まって楽しいひと時でしたね
甥っ子さんご夫婦の赤ちゃんの干支
感激ですね
きっと素晴らしい未来が待ってますよ
ソレイユさんの旦那さまと同じように
ルーシーママ
2017/07/26 00:07
ルーシーママさん、
ありがとうございます。
正月の集まりには、新しいメンバーが増えていると思うと、感慨ひとしおです。
家庭用クーラーも新幹線もなかった60年前、今年生まれる子が還暦を迎える60年後、いったいどんな世界が待っているんでしょうね。
その時には90歳代になっている甥っ子が、そういえば60年前に…とこの日を思い出してくれたらすごいなぁと、壮大な時の流れを前に思います。
ソレイユ
2017/07/26 09:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
夫の還暦祝い 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる