陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風の爪痕残る中…

<<   作成日時 : 2017/10/28 09:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

大雨の中、衆院選の投票に行ってからまだ1週間、
再び台風が直撃の気配です。



あの日、私の住む町は、
もう何年も、大きな台風の被害がなかったので、
雨戸さえ占めていれば平気だと高を括っていました。



それが、雨や風がいよいよきつくなってきた夜10時ごろ、
避難勧告が発令。


川が氾濫危険水位に達したといいます。


携帯のアラームが鳴り、
広報車が締め切った家の中まで聞こえるような大音量で、
避難を呼びかけながら走っていました。


幸い、うちの家は川から1キロ以上離れています。




真夜中になるに従い、ますます強く打ち付ける雨と、
ガタガタなる雨戸の音。



いつまでも寝付けないまま、
実際に避難行動をとらざるを得ない方たちの
家や命を奪われるかもしれない、恐怖や心細さや大変さを、
初めて、自分の事として考えたような気がします。







台風のあくる日公園へ行くと…



画像






公園に何十年あった樹が、同じ方向に根っこから倒れていました。



数十メートルあるような、巨木ばかり、何本、何十本も…





画像






危険なので、次々と伐採されていきます。



画像






鳥や虫を育み、雨や風や日差しを受け止め、木陰を作り、
公園を訪れる人たちを優しく守ってきた樹が、
見るも無残な痛々しい光景に、言葉が詰まります。


でもこれは、夜中に公園で起きた、ことです。





同じ台風で、うちからそう遠くない場所で、
地盤が崩れ家が傾き、川が溢れ駅が水に浸かり、
土砂崩れで電車がまだ通らない区間が、あります。



その、生々しい爪跡が残る中、また台風が来てますね。


今のままの進路だと、また、日本列島を縦断するのでしょうか?



できるだけの備えをしながら、被害のないことを祈ります。


皆様も、くれぐれもお気を付けくださいませ。







最後に、不安を和らげる笑顔を…
画像



               
にほんブログ村





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大きな台風被害は、ヒトゴト
そう、そう、私も雨戸さえシッカリ閉めていれば感覚でした。
が・・・吹き倒された木々を見て
当たり前に送っている生活を当たり前と思っていると罰があたりますね
ゴル子
2017/10/29 04:29
ゴル子さん、
ありがとうございます。
そうなんですよね。
山も川も海も近くにないと、うちは大丈夫だから、と、思ってしまいますが、たくさんの樹がなぎ倒されていたり、バス停の屋根が吹っ飛んでいたりする光景に、自分の甘さを反省しました。
改めて知らされた、自然の力。
今回の台風、大きな被害が無ければいいですね。
ソレイユ
2017/10/29 07:19
やっと去って行った台風ですが、傷跡も多かったです
こんな大きな木がえぐれるなんて、ほんと凄いです
私も神戸の元町で街路樹が倒れてるのを見ました
幸い家の周りでは枝や葉っぱが散乱してる程度で済みました
こういう天災は誰が被るかわかりません
事前の対策がなされてるかで大きく変わるとも思います。
何事にも備えあれば憂いなしですね
karatodai
2017/10/30 20:06
カラさん、
ありがとうございます。
2度立て続けの台風、雨も風もすごかったですね。
備えの大切さを痛感しましたが、合わせて日ごろの点検も大切ですね。
懐中電灯の電池、切れていました。
予備があって良かったです。

台風が過ぎ去り、急に冷え込んできました。
カラさんもお風邪など召しませんように。
ソレイユ
2017/11/01 01:30
台風被害は、私も他人事。
こすもも地方は、高い山に守られているため
「雨戸」
をつけている家は、ほとんどありません。
大雨も・・・
山が吸収してくれるので、洪水もほとんどなかったのですが・・・。
最近、状況が変わってきてるんです。

化石燃料の使用を減らそう!!
と、マキストーブの普及とともに
「薪」の需要が増えて、森林の伐採面積が
異常に増えてきているんです・・・。

本当にこれでいいのかなぁ・・・。

この倒れた木を見てのとおり、
木の高さに対して、根の張り具合の浅いこと!!
だから、木も踏ん張りがきかなくて
倒れてしまうんですよね・・・

この木も・・
きっと、どこかの家のストーブの
「薪」になるのかも・・・。
こすもも母
2017/11/03 10:36
こすもも母さん、
ありがとうございます。
そうなんです。
山崩れでもないのに、こんなに大きな木が倒れるなんてびっくり、根の浅さにびっくり。
昔は農地だった所を戦後、市が買い取り、公園になったと聞いています。
土壌が良くないとも思えないんですけどね。

伐り倒された木、何かに利用されれば報われます。
うちの夫、絵心があれば、仏像を彫りたいと、言っていますが、残念ながら、お母さんのお腹の中に忘れてきたようです。
ソレイユ
2017/11/03 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風の爪痕残る中… 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる