陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ記事その後  番外編

<<   作成日時 : 2017/10/15 01:39   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

ブログ記事その後 2、ではなく、今日は番外編を聞いてください。


このところテレビや新聞を騒がせていて、とても怖い、
取り返しのつかない気の毒な事件ありましたね。


高速道路の追い越し車線で車を止められ、
後ろから大型車に追突され、
子供たちの目の前でご両親が命を落とした事件…




似たような経験が4年ほど前にあったことを思い出しました。



http://7221010.at.webry.info/201311/article_2.html




あの時、私が隣に乗っていて本当に良かったです。


夫が、何か言い返したりしていれば、もしかすると…
と思うだけで、今でもぞっとします。



テレビで、こんな目にあった時の対処法として、
絶対に、ドアも窓も開けずに、110番通報しなさい、
と言ってたけれど、
もし一人だったなら、かなり難しいですよね。


警察だって、すぐに来れるかどうか分からないし…





夫はこの一件以来、クラクションを鳴らすことに、
より慎重になりました。



私たちは、怖い嫌な思いをしたけれど、体も車も無傷です。

恐怖の挙句、目の前でご両親を奪われた姉妹、
理不尽な犯罪で息子夫婦を喪った親御さんの気持ちを思うと、
いたたまれない、腹立たしさでいっぱいです。



犯人には、重い、重い刑を、
残された娘さん達には、健康で、ご両親の分までたくさんの幸せを、
と祈らずにはおれません。


            
にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「口で謝って、心の中で、舌出してたらええやん。」全く同感です。同じ土俵に上がらない事ですね。
ケントちゃん、流石
しかし、同乗していた娘さん 気丈にインタビューに答えていたけど・・・
ゴル子
2017/10/15 04:37
ゴル子さん、
ありがとうございます。
うちの車に言いがかりをつけてきた人は、私と視線が合った瞬間、すっと醒めたようでした。
もしかしたら、お母さんに似てたのかな?とも、思います。
ケントは、コラ!と、言っただけで、虐待されたみたいに、ガクガク震えていたので、ちっとも叱れなくなりました。
きっと、長い舌を出しまくりだったでしょうね。
ソレイユ
2017/10/15 13:32
あのぉー。
青信号になっても発進しない
前の車に
「青ですよ!!」
って、教えてあげた私。
何も悪いことしてませんよね!!
あなたが、青信号でどんだけ止まってたか
ドライブレコーダーで見てみますぅ〜

って、言ってしまいそうな・・・私・・・。

でも、「すもも」が、隣にのってたら。
言えないかも・・・・。
こすもも母
2017/10/16 14:09
こすもも母さん、
ありがとうございます。
トロトロ運転で進路妨害された時は、もう心臓バクバク。
向こうはそんな様子を笑っているのでしょうが、言い返すなんて、とてもとても…
とりあえず心の中で思い切り舌を出し、同乗者と車を守る…
それでも、明日架に危害が及びそうになれば、必殺パンチで応戦しますよ。
ソレイユ
2017/10/16 17:00
あの高速道路の事件は
本当に切ないです
変な人っているんですね
注意されて逆上するなんて
こちらは悪くないのに
謝るのは解せないですが
時には必要なのでしょうね
ソレイユ家が変な事に巻き込まれなくて
本当に良かった
ルーシーママ
2017/10/16 23:12
ルーシーママさん、
ありがとうございます。
高速の犯人は、それまでも何度も、進路妨害や足で運転を繰り返していたらしいですね。
何食わぬ顔で、隣りを走っていると思うと、恐ろしいです。
本当は、そんな人を一喝できる強さが欲しいところですが、身の安全のためにも、関わらないのが得策、ですね。
ソレイユ
2017/10/17 01:10
許せないです。

高速の犯人は、同乗していた彼女に
いいところを見せたいと思ったのか、
ストレス発散するために、
わざと挑発するような行為をしたのか
定かではありませんが、
あまりにも大きな代償でした。

長女さんが、気丈にインタビューに
答えていたのは、
悲しみと憎しみの表れじゃないかと
想像します。

自分がしっかりしないと、
お父さんが悪者にされてしまうという
恐怖心がいっぱいなのではないかと
勝手に推測しています。

大切な人を亡くして、
悲嘆にくれる自分と
冷静な自分が介在しました。

この高速男には、現法では
限界があります。
どうぞ、天罰をと
願わずにはいられません。
そして、ご両親を理不尽な理由で
失ってしまった姉妹に
優しい手が差し伸べられ、
これ以上の苦しみを課せませんように・・・。
ラム子
2017/10/18 01:36
ラム子さん、
ありがとうございます。
犯人がどんなに言い訳しようと、高速の追い越し車線で停車させ、それが原因でお二人の命が奪われ、目の前で両親を奪われた姉妹が残された現実は変えようがありません。
こういう事件は、血の気の多い人たちのトラブルが原因と思いきや、お年寄りや家族連れ、きちんと法定速度やルールを守っている人が被害にあう場合が多い、弱い者いじめの構図だと、言っていました。
うちの車もそういうのでターゲットになったのかも?と思います。
最近頻繁にテレビで映像が流れるのですが、厭な思い出が鮮明によみがえるので、チャンネルを変えてしまいます。
私も姉妹お二人が、寂しさ悲しさ悔しさを乗り越え、末永くお幸せであるよう、お祈りしています。
ソレイユ
2017/10/19 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ記事その後  番外編 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる