陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ記事、その後  1

<<   作成日時 : 2017/10/11 09:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

いつも、見たまま、経験したまま、
日記のように書き連ねているブログですが、
中には、疑問が解けたり、その後に繋がる出来事があります。


今日はそんな後日談をいくつか…




まずは、2年前、公園で出会ったおじさん。

http://7221010.at.webry.info/201507/article_2.html


    ミニのセーラー服で、頭に大きなリボンをつけ、
    ピンクの自転車に乗った…おじさん!!

    かなり急いで、どこに向かっていたのでしょう?




おじさんの正体は、なんと、イギリス人。

なんと、女子高の英語の教師、だそうです。


なんでも、勤務する女子高が好きすぎて、
自分も生徒と一緒の制服を着て通学?したいと
校長に直談判、認められたらしいのです。

そんな先生の英語の授業、1度受けてみたいなぁ。

そんな申し出を許した自由な校風の学校、1度行ってみたいなぁ。



画像




きっとおじさんにはこのイラストのようなイメージでしょうが、
私には、かなりのインパクトでした。









次も2年前、今でも心の奥にとげが刺さったままのような、
なんとも申し訳ない、やるせない出来事です。


http://7221010.at.webry.info/201504/article_6.html


       何匹いるのか分からなかったけれども、
        三日月の形になった母猫は、全身で子猫たちを
       愛おしんでる本当に心打たれる光景でした。




あれから2年、母猫は今でも近所に暮らしています。


ご近所には猫好きが多く、
朝になれば軒先にフードや水を用意してくれるので、
夜明けを待って、お宅の前に座っています。


そして、2か月ほど前でしょうか?

道路や公園を駆け回る、3匹の子猫、そして、
注意深く優しく見守る、あの母猫の姿がありました。



画像



今度はどこで出産したのかは知りません。


日に日に大きくなる子猫…

充分に大きくなったある日、
3匹の姿が見えないのでお向かいの奥様に訊くと、
すべて引き取り先が決まり、もらわれていったそうです。


母猫はまた、1匹に戻りましたが、
今度は肩の荷が下りたように見えるのは、
私の思い込み、願い、なのかも知れません。








そして次は今年の2月…


http://7221010.at.webry.info/201702/article_2.html



       Lちゃんの飼い主さん、
      本当に、本当に、ものすごく困ってるに違いない…


       大切なLちゃんを託せる人が思い当たらず、
       ようやく浮かんだのが、名前も家も知らない
       私たちだったとしたら…



Lちゃんの飼い主さんのお母様はうちの母と同じ病気で、胃瘻の手術を受け、リハビリを重ね、先日老健施設に移られました。

不自由ながら会話はできるそうで、Lちゃんに会いたい、というので、春ごろ、入院する病院まで連れていくと、笑顔がはじけたと言っていました。

その日以来、お見舞いには必ず連れて行き、病院の駐輪場にLちゃんを繋ぎ、車いすのお母さまと会わせていたら、
その光景を見た病院の院長が、中庭に入ることを許可し…


そうすると、お母さまだけでなく、ほかの患者さんや病院職員も
楽しみにしてくれるようになったらしいです。


そして、今の施設でも許可が出たので、早速連れていくことにした、と報告してくれました。





画像







私は結局、何の力にもなれませんでした。

でも、Lちゃんは、すごい!


飼い主さんもお母様もその周りも、
そして、私の心まで、明るく照らし癒しています。




画像









もう一つあるその後の話は、また次回に…




画像



                
にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
全部覚えていますよ!!
一番気になっていたLちゃんのはなし。
後日談があって、安心しました。
私が近所だったら、
少しでも力になれたのにと
心配しました。

その後2が楽しみです。
ラム子
2017/10/12 02:50
Lちゃん、よかった!

犬の持ってる不思議な魅力。
そして、人を寄せ付けるパワー!!

すごいです!!

Lちゃん
よかったね!!

Lちゃんの飼い主さん。
私も、こすも、すももを車に乗せて
母の病院へ行きます!!

私の車は、雨の日以外、窓が開いてます!!
犬好きの人は、故こすも、すももを撫でて、
話しかけて、通り過ぎていってくれます。

「あっ!!あの、大きなわんちゃんの飼い主さんですか!!」

病院では、私よりも、故こすも、すもものほうが有名です。

よかったね!!
こすもも母
2017/10/12 15:28
ラム子さん、
ありがとうございます。
国慶節、お疲れ様でした。
少し落ち着かれましたか?

Lちゃんの飼い主さん、いろんなことが一気に押し寄せ、とてもとても大切にしているLちゃんの存在すら、負担に思ってしまっていました。
預かるのは無理だ、と返事すると、じゃあ、もらってください、と、冗談にしろ、口にしたほどです。
でも、そのLちゃんの存在が、家族や周りを巻き込んで笑顔を伝染させていったんですものね。
やっぱり、ゴールデン、て、すごい!!
本当に、うれしいです。
ソレイユ
2017/10/13 01:54
こすもも母さん、
ありがとうございます。
Lちゃんのことブログに書いた時、こすもも母さん、
でも、介護や、看病は、
「犬」がいるから、頑張れる!!
って、視点を変えてみたり・・。
Lちゃんの飼い主さん。
もしかして、お母さんの急な病気で
パニックになってしまってるかな・・・。
と、言ってくださいましたよね。
本当にその通りでした。
Lちゃんが病院へ行くと、院長先生が、
「セラピー犬のLちゃん、いらっしゃい。」と、迎えてくれてたらしいです。
コスモ君、すもも姐さんも、皆さんに笑顔届ける大役ご苦労様です。
私も明日架連れていきたいけれど、車運転できないし、少し遠いので残念です。
ソレイユ
2017/10/13 02:10
私もLちゃんの後日談が気になっていましたので、読ませて頂きホッとしました
あの頃、ソレイユさんも大変でしたもんね。
きっと、気にされていた事でしょう。
病院を訪れるセラピー犬の話を過日、博多の路上で切々と伺う機会がありました。
ワンコって、凄い
色々な人生って、面白い
寒くなってきました。
お風邪を召されませんようにネ!
お母様も!明日架ちゃんも
ゴル子
2017/10/13 04:09
ゴル子さん、
ありがとうございます。
散歩も十分に行けず、留守番ばかりだったLちゃんが、逆転満塁ホームラン、楽しみに待っててもらえる存在です。
ご病気なさったお母様にとってLちゃんは、末娘同然。
会うことが癒しにもリハビリにもなりますよね。
同窓会に行かれた博多の路上で、そんな話もされてたんですね。
ほんと、ワンコって、凄い!
ワンコ、バンザイ!です。
ソレイユ
2017/10/13 08:21
本当によかった!!
Lちゃんも。Lちゃんのママさんも!!


こすもも母
2017/10/13 21:08
こすもも母さん、
ありがとうございます。
LちゃんもLちゃんママも、イキイキしています。
明日架も一緒に行こう!と、現在スカウトを受けています。
ソレイユ
2017/10/13 22:16
明日架ちゃんを連れて行けなくても。

今は、簡単に動画が撮れる時代なので・・・
動画をとって、SDカードに記録して。
カード1枚もっていけば、
施設のテレビで、簡単に再生できると思いますよ!
動いてる明日架ちゃんをみせてあげてくださいね!!
こすもも母
2017/10/14 19:33
こすもも母さん、
ありがとうございます。
なるほど…
写真は見せたことありますが、
動画は気付きませんでした。
早速試してみますね。
ソレイユ
2017/10/15 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ記事、その後  1 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる