陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS あのぅ、親子ではありませんから…

<<   作成日時 : 2017/07/01 06:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

今日から7月。

心配したり、あたふたするうちに、今年も半分過ぎてしまいました。

ありがたいことに母は、呼びかけに反応したり、目覚めている時間が長くなったり、ほんの少しずつですが、良くなってきているように思います。



それならと、夫が、妹も一緒に、と食事に誘ってくれました。

母も含め、4人なら何度かありましたが、3人では初めてです。

場所はうちの近所、夫の中学時代の同窓生が営む
フレンチレストラン。


伊勢志摩サミットの会場になったホテルや、
本場フランスで修業を積んだ、かなりの腕前です。






画像
          天使の海老のサラダ









画像
          真鯛のプロバンス風









画像
           アワビのステーキ










画像
           ウニのグラタン










画像
          牛フィレステーキ






奥様と息子さんと3人だけの小さな家庭的なお店で、
料理のサービスや説明は、基本、奥様。

場を和ませ、笑顔を引き出す天才で、この日は、
ステーキをサービスした時に、

「この後は、締めのラーメンになります。」と、すまし顔。


「ギョーザも3人前追加でお願いします。」

私はすぐさまそれにノリましたが、
真に受けたのが、うちの夫。


「フレンチでラーメンですか?」と、絶句。

「冗談ですの、ほっほ。」

顔を見合わせ、大笑いしました。



母が体調を崩してからは、妹と
病院のレストランでお昼を取ることはあっても、
夕食を一緒に食べたことはありませんでした。


それだけに、美味しく、楽しい時間が持てたこと、
誘ってくれた夫に感謝です。





画像





最後のデザートを食べていた時、後ろのテーブルで食事されていた
60歳代のご夫婦のご主人が声をかけてこられました。

「このお店、美味しいでしょ?」

いかにも常連という雰囲気の方です。


「よくお見えになるの?」という問いに、夫が同じ中学で
友人や家族と時々利用することを告げると、

「え?シェフと同い年?ご主人若いねぇ。本当に同い年?」

なんておだててくれるものだから、夫もにこにこ。


「今日は、お嬢さんも一緒だし、うれしいねぇ!」


うつむいて笑う、夫と妹。


ご主人、地雷を踏んでしまいました。


雰囲気を察知した奥様がすまなさそうに会釈され、
別に構わないけど、あ〜あ、という気分です。



確かに妹はスリムで、髪の毛も長く童顔。


一緒に買い物に行くと、

「お母様に選んでもらっていいわね。」と言われたことあったし、

母の主治医にも、私は娘で妹は孫、と
間違えられたこともありました。





画像
          悔しいけど、親子に見えるかも…










画像
             ママ〜、ドンマイ!



ヘ〜イ!!


                 
にほんブログ村



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
旦那様、優しいね〜

妹さんはお顔がわからないけど、やっぱりすごく若く見える〜
でも、親子はチョットねぇ(笑)
妹さん、喜んでたでしょ
まぁ、若く見られるのはいいことです
ソレイユさんも若作りに励んでね(笑)
karatodai
2017/07/01 16:51
カラさん、
ありがとうございます。

女優さんは別として、テレビに出てくる同世代を見ては、私も人目にはこんな風に映っているのかな?と重ねた年輪を受け入れざるを得ません。
悔しいけど妹は、私から見ても、実年齢より10歳以上若く見えます。
だからって、親子はあんまりですよね。
もう少し時間が持てるようになれば、妹の妹を目指し、また、ジムで、筋トレ頑張ります!
ソレイユ
2017/07/02 01:23
娘と孫
先生、視力大丈夫ですかぁ〜?
お母さんのこと、しっかり診て下さいヨン!
私、雲丹が大〜〜好き
グラタンに思わず、食いついてしまいました。
ゴル子
2017/07/04 17:29
ゴル子さん、
ありがとうございます。
私は子供のころから、似合う服は、紺、水色のカチッとしたデザイン。
一方妹は、ピンク、花柄の、ひらひらリボンにレース。
おかっぱ頭の一方、ロングのお姫様系。
幾度となく挑戦するものの全く似合わず撃沈の繰り返しでした。

先生の言葉遣い、私と妹に対して、なんか微妙に違うなぁ〜と思っていたら、分かった瞬間、「えっ!」と小さく驚いているのを私は見逃しませんでした。

お皿ごとオーブンでアツアツの雲丹グラタン、もう、最高でした。
ゴル子さん、ア〜ン、どうぞ
ソレイユ
2017/07/06 01:49
ソレイユさん ドンマイ!
明日架ちゃんと同意見で〜す
どれもみな美味しいお料理だったのですね
見てるだけで喉がゴクリですよ
家庭的なお店はホッとしますね
お母さまも少しづつ良くなっているようで
安心しました
ルーシーママ
2017/07/09 23:52
ルーシーママさん、
ありがとうございます。
『お嬢さんと…』の言葉で、夢のような時間から現実へ、引き戻された気がしました。
大丈夫! 
ドンマイ!な出来事は、慣れっこです。

若いころ、母の眠ってる姿をほとんど見たことありませんでした。
その頃の睡眠不足を今、まとめて取り返しているかのような母ですが、少しずつ少しずつ回復しています。
いつもご心配ありがとうございます。
ソレイユ
2017/07/10 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
あのぅ、親子ではありませんから… 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる