陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の卒業式  A

<<   作成日時 : 2017/04/02 08:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

昨年の11月22日、母は4度目の脳梗塞で、
救急車のお世話になりました。


でも、3度目の時と明らかに違うのは、
ずっと、母には意識があったこと。

ストレッチャーに乗せられた時も、病院でCT室に行く時も、
母は目を開け、自分の身に何が起こったのか、
理解しようとしていました。

母は、心臓にペースメーカーが入っているので、
強い磁気を利用するMRIは厳禁です。

発症したばかりの脳梗塞は、CTに写りづらいらしいのですが、
診察に当たった医師が言うには、前回の脳梗塞は、
心臓でできた塊になった血液が、脳の太い血管に詰まったものだけれど、今回は、毛細血管の末端がペシャンと押し潰され、くっついたようなイメージ、だそうです。








母はこの後、また以前お世話になった病院で3か月、
懸命にリハビリを頑張りました。


手を引けば歩けるし、トイレにも行けます。


私たちは話し合い、母が多分1番望むこと、
家族と一緒にいたいと言う気持ちを何より優先し、
自宅に介護ベッドを入れ、訪問リハビリや訪問看護の力を借りることにしました。


週に2度デイケアのお世話になるべく、
見学にも行きました。






そして晴れて退院の日、
お礼のあいさつにナースステーションに行った時、
居合わせた先生、看護師さん10名ほどが
向かい合わせに並び拍手下さる中、
車いすの母が一人ずつと
握手したり、ハイタッチしたり、ハグしたり…



おめでとう、とか、これからも頑張ろうね、と言う
言葉のシャワーに、母も皆さんも笑顔なのに、
車いす押す私一人涙があふれてなりませんでした。



この、卒業式のような光景を、私は、母の卒業式と、タイトルにし、
これからの新しい生活が穏やかで
母が笑顔でいてくれさえすればいい、と思っていました。







一昨日まで、本当にそう思っていました。







まさか、こんなにもすぐにまた、救急車のお世話になるなんて、
家族も、誰も思っていませんでした。






信じられない5度目の脳梗塞。



母は今また、闘っています。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なんてこと…
本当に辛いです…
やっと…と思ってた矢先に…
お母さん、今回も意識はあるのでしょうか?
何度も懸命に頑張ってこられてるので
頑張れという言葉が適しているのかわかりませんがお母様もソレイユさんも心が折れないように…
きっとまた光がさすことを祈ってます
karatodai
2017/04/05 16:30
カラさん、
ありがとうございます。
母は意識はあり、私たちを見るとうれしそうな表情をするときもあります。
前回、前々回、全く力が入らない手足が少しずつ動くようになり、歩くことができ、不自由ながら会話ができるまで、懸命にリハビリを続けていました。
今回もまた、自宅に帰れると信じ、希望を持って全力でサポートしています。
母は今日、四月六日が誕生日、米寿を迎えました。
焦らずゆっくりと良くなってくれればと思っています。
ソレイユ
2017/04/06 00:36
リハビリをあんなに頑張られていたのだから
今回もきっと大丈夫
信頼できる医師と看護師さんが居るのだし
ソレイユさんも付いてるし
お母様が早くご自宅に戻られますよう
お祈りしています
ルーシーママ
2017/04/06 23:17
ルーシーママさん、
ありがとうございます。
家族は側にいて、話しかけたり、体をさするしかできませんが、もう一度自宅に戻ることを目標に、母は懸命に闘っています。
ルーシーママさんから、また元気をいただきました。
母娘ともども、頑張ります。



ソレイユ
2017/04/07 12:05
3月21日のブログと、
そして、4月2日のブログを
続けて読ませていただきました。

ブログ訪問。
ご無沙汰してしまってすみません。

お母様の胃瘻は、まだ使えていますか?
栄養と、水分が、点滴ではなく、
「胃」という消化管から入るということは、
とっても大切なことだと思います。
経鼻栄養よりも、お母様ご本人の負担は
とっても軽いと思いますし、
薬も確実に「胃」から入ります。
「家に帰る」という希望(希望が負担にならないように)を持って、お母様と接してください。

「香り」は感じていらっしゃるかもしれません
今だったら。
フリージアの甘い香りとか。
桜餅の葉っぱの香りとか。
鼻先で楽しんで頂いたらどうでしょうか。
同室の方にご迷惑にならない程度の
(今は、匂いハラスメントというのもあるそうなので)アロマオイルの香りとか・・・。

ソレイユさんも、ほっとできるような香りで・・・。

ソレイユさん。
くれぐれも、根を詰めないでね。
こすもも母
2017/04/09 11:41
こすもも母さん、
ありがとうございます。
私こそ、何度もお邪魔しながら、コメントを残せずにいました。
入院し一週間、点滴から解放され、母の胃瘻は、栄養にお薬に、大活躍してくれています。
そうですね、香りなら楽しんでくれるかもしれません。
たこ焼きとか、チョコレート…いえいえやっぱり花の香りですね。
明日早速持って来ようと思います。

こすもも母さんの、ご両親やすももちゃんを大切にする思い、お会いしたことはないけれど、いつも背中を見ながら学ばせていただいています。
また色々教えて下さいね。
ソレイユ
2017/04/09 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の卒業式  A 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる