陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS 花子の犬小屋

<<   作成日時 : 2017/01/17 04:54   >>

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

昨年末、家の屋根や外壁をリフォームした際に、
花子の犬小屋を撤去してもらいました。


花子の犬小屋は、その先代犬、秋田犬の太郎がやってきたとき、
(だから、45年ほど前?)
義父が知り合いの大工さんに作ってもらったものです。

コンクリートの基礎に、直径1センチはある鉄格子、
中に排水溝や、開け閉めできるサッシの雨戸までありました。





画像

この写真を撮影したときは、すでに屋根や床板、雨戸も
外された後です。




義両親の寝室の外に作られた、誰が見ても快適そうな
その小屋を、実は、花子は好きではなかったことに気づいたのは、
花子が亡くなる少し前でした。





画像








ゴールデンのケントがやってきたのは、花子が14歳の時。




ケントの犬小屋は、勝手口近くの、人や自転車が
しょっちゅう出入りする場所に作られました。





画像

秋田犬の花子とゴールデンのケント、全く違う犬種なのに、
良く親子に間違えられていました。







画像

花子のひげを引っ張りながら歩く、ワル男のケント





ケントは、いつも誰かと一緒。

気づけば夫と昼寝をしているような、そんな暮らしが
花子には羨ましくてならなかったのかもしれません。




画像








花子は亡くなる数週間前から、頑として、
自分の犬小屋に入ることを拒否し、みんなの声が聞こえる、
ケントの犬小屋の近くを自分の居場所に決め、
そこで寝起きしていました。



亡くなったのは暑い夏の昼前で、
食欲のない花子もバニラアイスなら食べてくれるかな?と、
私がコンビニに出かけている間でした。


かわいがっていた義父には、感じるところがあったのでしょう。
勝手口で横になる花子に経を聞かせたと言います。

首を持ち上げ見つめていた花子が眠ったと思った義父は、
中に入りテレビを見ていました。


コンビニから戻った私が「花ちゃん、アイス食べる?」
と声をかけた時初めて、花子が旅立ったことに気づきました。


花子、15歳。



ケントがうろうろし、人が出入りする、落ち着かないけど、
花子が選んだ、花子の大好きな場所で、
大好きな義父に看取られての最期でした。







画像
            仲良し義父とケント








あの日以来20年、使われることの無い、朽ちた犬小屋は今、
土に戻り、鉢植えの蘭や観音竹が冬を越しています。



画像








15日の日曜、
どんど焼きが行われる氏神様へお正月飾りを持って行きました。


明日架は、鳥居の外からお参りしています。

画像









枯れ枝のようだった牡丹の枝にも、
気づけば、しっかりとぷっくりとした新芽が…



画像







こうして年を重ね、季節は巡り、
今年も春はもうすぐそこまで来てるんですね。



                  
にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はなちゃ〜ん!お隣では、お父さん&お母さんが寝ているので嬉しかったのかと・・・
そうじゃないならば、ちゃんと言わなくっちゃ。
って、言えないところがワンズの宿命ですね。
皆がワチャワチャする場所が良かったのですね。
髭を引っ張られても、ケントちゃんの近くが良かったのですね。
お父さんのお経で旅立ち、バニラアイスを供えて貰い・・・幸せはなちゃん!
「皆さん!有難う!!」って言えないのも
ワンズの宿命ですね。
春は、もうそこまで。。。ネ
ゴル子
2017/01/17 07:00
ゴル子さん、
ありがとうございます。
花子は普通に外飼いの犬で、昼間は庭で放し飼いだったけど、夜から朝まで、暗い犬小屋でずっと一人でした。
みんなのそばにいるケントがうらやましかったんですね。
義父は、花子がいる頃はまだまだ元気で、毎日自転車につないでは、公園に散歩に行っていました。
みんな若い、昔々の話です。
ソレイユ
2017/01/17 08:46
花子ちゃんとケントくん
まるで親子のようで微笑ましいです
きっと花子ちゃんも
ケントくんが大好きだったのでしょうね
やっぱり一緒に居たかったのかな
思い出の小屋がなくなるのは寂しいけど
鉢植えがずっと思い出の場所を守ってくれますね
ルーシーママ
2017/01/22 14:30
ルーシーママさん、
ありがとうございます。
おばあちゃん犬の花子は、ケントのやんちゃぶりに目を回すばかりだったと思います。
でもきっと、楽しい毎日だったに違いありません。
犬小屋はなくなっても、その前を通るたび、花子やケント、義父、そして若いころの自分に会えそうな気がします。
ソレイユ
2017/01/23 16:52
あっ!!
ソレイユさんのブログ・・・
みつけた!!
こすもも母
2017/01/28 00:46
こすもも母さん、ようこそ‼
以前、ゴル子さんのブログで、私にあてて下さったメッセージ。
人でもワンコでも、お世話する人が元気で笑顔でいることが何よりうれしいという大切なことを気付かせて頂いたこと、いつも心に思っています。
最近サボり気味の不定期ブログですが、またお寄り下さい。
私も是非寄せて頂きますね。
ソレイユ
2017/01/28 22:00
えへへへへっ。
お邪魔かな?
とも、思いましたが・・・。
コメントを残させていただきました。

私・・・。
そんな偉そうなこと、大層なこと・・・
書きましたか・・・。

でも、般若のような顔で向き合われるよりも、
笑顔で向き合ってもらったほうが、
きっと、みんな楽しい・・・

さて。

夕飯の支度してきます!!
こすもも母
2017/01/29 16:47
こすもも母さん、
ありがとうございます。
こすもさんとの突然の別れから、すもも姐さんとの巡り合い、お母様のお世話、ブログをクリックするごとに、こすもも母さんの海のように深い愛情に私まで包まれる思いがします。
私もコメント残させていただいていいのかしら?
よろしくお願いします。
ソレイユ
2017/01/30 07:26
花子ちゃんもかわいいわんこですねえ。飼い主がいい人だと犬もいい人格、じゃなくて、犬格になるのかしら?モフモフがたまらない。
えんねこ
2017/01/31 12:06
えねこさん、
ありがとうございます。
花子は、秋田犬と思えないほど、穏やかなかわいらしいワンコでした。
義父のことを誰よりも慕い、散歩に代わりに連れて出ても、後ろばかり振り向き、義父を待っていました。
そんな花子も、悪ガキケントには、ほとほと手を焼いていたようです。
ソレイユ
2017/02/02 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
花子の犬小屋 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる