陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月10日と母の涙

<<   作成日時 : 2016/10/10 10:10   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

今からはるか昔の10月10日に、私は誕生しました。


私には一人兄がいますが、兄は子供のころ、一人目の子にありがちな、少し神経質で、好き嫌いが多く、ガリガリで、夜泣きをよくする子だったそうです。


それから2年後に生まれた私は、おっぱいをたくさん飲み、よく眠り、コロコロと太り、良く笑う、母にとって、あっけにとられるほど育てやすい子だったと聞いたことがあります。




画像





『丸々と太った赤ちゃんね。』と言うのが、私が子供のころの赤ちゃんに対する最大の褒め言葉だったらしく、母は、私を抱いて歩くのが誇らしかったと、言っていました。


生後半年のころ、1万人が応募した赤ちゃんコンクールで,なんと準優勝し、たくさんの賞状やおもちゃにをいただいたのは、私の人生初にして最大の親孝行かもしれません。




画像





そんな私が3歳になった時、妹が生まれました。


断片的な記憶ですが、赤ちゃんを見に行こうと父と兄と3人で母の病院へ行き、ちょうど出てきた夕飯を兄と二人で食べてしまったことを覚えています。



おしゃまなお姉ちゃんだった私は、妹が夜泣きをすれば母より先に起きてあやし、幼稚園で、はしかに移ってしまった私のそばに行くとダメ、といくら言われても布団に入ってきた妹もやっぱり、はしかに感染してしまいました。




画像




子供は3歳までに一生分の親孝行をすると言いますが、私も、学校に上がるまでに、一生分の親孝行をしたのかもしれません。



画像








母は、リハビリ病院退院後、しばらく待機していましたが、
先週ようやく老健に入所できました。

ここでの目的は、うちでの生活がより快適で、スムーズにいくよう、
手足はもちろん、言語や嚥下のリハビリを続けることです。

今のままでもいい、でも、
同じものを食べ、たくさん話せるようになればどんなにうれしいか…

そんな思いから、
兄妹やケアマネさんとも相談し見つけた今回の老健施設は、
嚥下機能は歯科医師が内視鏡を使い確認し、
言語聴覚士の先生が週に5回指導してくれます。


うちからは片道1時間20分ほど、
しかも駅から徒歩20分と少し不便なところにありますが、


でも今まで通り、毎日行くからね…


母も納得し、リハビリに励む気持ちでいてくれる、というか、
いてくれればいい、と思っていましたが…


いざ兄が車で迎えに来て多くの荷物と乗り込むと、
不安いっぱいの表情に変わり、ぽろぽろと涙をこぼしていました。

また新しい環境で知らない人に囲まれ生活することを思うだけで、
苦痛だったのでしょう。

それでも、いやだ!と、駄々をこねるでなし、
行かない!と怒るでなし、
どうにかして受け入れようとする姿に、私たちまで、
切なくなってしまいました。

もし、いやだとひと言でもいえば、私たちが、そうね、やめにしようか、と簡単に折れてしまうことを分かっているからこそ、
あえて受け入れたのかもしれません。




入所4日目、まだまだ気を遣い戸惑うばかりでしょうが、
親切で行き届いた職員さんたちに囲まれ、
母の笑顔も増えてきたように思います。





誕生日は、産んでくれた親に感謝する日だと言いますね。


命がけで、命を分けてくれた母に、
感謝の思いが年々大きくなる気がします。




ありがとうね、お母ちゃん。



画像








            
にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先ずは、お誕生日おめでとうございます
初めてデートした帰りに「老健施設見学云云・・」って言われていましたが、今日で入所4日目なんですね。
お母様の涙に胸が切なくなります。
素敵な人柄で、人気者になるのも時間の問題でしょうが・・・。
往復3時間チョッとは、正直大変でしょうが今、出来ることをしっかりして差し上げてくださいね
私も、見習って頑張ります!
白黒写真にマスマス親近感〜
頬っぺたをツンツンしたくなる可愛さだわ
ゴル子
2016/10/10 13:04
ゴル子さん、
ありがとうございます。
来年の4月まで、ゴル子さんより一つ、お姉さんになってしまいました。
先日お目にかかった時、今から老健の面談がある、と、バタバタしていましたよね。
結局あの日訪れたところではなく、うちからかなり遠いけれど、今の母にふさわしい老健を選びました。
あと3か月リハビリを頑張って、家に戻る予定にしています。
子供のころの写真を見ると、年代がばれますね。

ソレイユ
2016/10/11 01:40
ソレイユさん、お誕生日おめでとう🎊

老健施設には入りたくても入れない人がたくさんいらっしゃるんだから、お母様は超ラッキーですよね
でも、お母様にとって家がなにより幸せな場所だから家を離れるときは辛いんですね

それにしてもソレイユさんは本当に親孝行ですね
お母様もこんな優しいお嬢さんを持たれて
ご自慢でしょう…
お母様をこんなに愛せるソレイユさんも幸せだと思
います。
施設に毎日通ってあげる…
普通そうは思ってもなかなか出来ません。
それをしてあげられるのは大きな愛情があってこそです
ソレイユさんも体に気をつけてくださいよ
karatodai
2016/10/13 11:53
カラさん、
ありがとうございます。
母が病気するまで、実家へはひと月に1〜2回しか行ってなかったんですよ。
老健へはもちろん、毎日行く必要はないけど、うちは子供がいないし、喜んでくれるのが嬉しくて足が向いてしまいます。
カラさんのご両親やおば様を大切にされる様子は、こちらこそ頭が下がります。
急に冷え込んできましたね。
お風邪など召しませんように。
ソレイユ
2016/10/14 16:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月10日と母の涙 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる