陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ファーは犬の毛』ご存知ですか? 再び…

<<   作成日時 : 2012/09/26 03:05   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2年前、ある方のブログを通じ、毛皮製品の真実というか、
一面を垣間見る機会がありました。

何も知らずに、かわいいとか、温かそうとか、簡単に手に取っていた
自分をどんなに悔いたか分かりません。

その時のブログを再掲いたします。




     先日、あるブログを目にして以来、足の震えが止まりません。


    『ファーは犬の毛』 のタイトルに、ページを開くと、

    衝撃的な記事と写真に言葉を失いました。


    皆さんは、ご存知でしたか?


    安価なファーの多くは、犬や猫の毛皮だという事。

    生きたまま全身の皮を剥がれるという事。


   その残酷な仕事を担っているのは、貧困国の子供たちだという事。


   そしてその毛皮が、ウサギやフォックスの名を借り、

   私たちの身近にあふれている事。



   もちろん、私も牛や豚を食べるし、ダウンジャケットも持っています。

   多くの命のおかげで生きている事は、百も承知しています。



   だけど今、恐怖と痛みと絶望の中で、

   悲惨な死を待つかけがえのない仲間がいる現実。


   本当なら、鉛筆やボールや夢を持つ手で、

   子供たちが生皮を剥いでいる現実。


   現実を知らされない現実。


   何も知らず、喜んで買い続ける日本人。



   自分の無知や辛い現実に、涙があふれましたが、

   私は、知る事が出来たおかげで、誰かに知らせる事ができます。



   かなり衝撃的な内容ですが、どうぞ、訪れてみてください。


    http://blogs.yahoo.co.jp/ragu9350/37292764.html




このことを文字にした2年前の気持ちをよみがえらせてくれたブログに
最近、出会いました。

ももこさんという方の 『振り向けばいつも一緒に歩いていた』
の最新記事 『それでも毛皮が欲しいですか?!』 です。
    http://link.blogmura.com/out/?ch=00186147&item=000270683484&url=http%3A%2F%2Fblog.momoko126.lolipop.jp%2F%3Feid%3D1529428

できれば、私の思い違いであって欲しかった真実を突きつける
本当に辛い内容でした。


知る事は大切です。

捕まえられたら最後、水もえさも与えられず、
小さな檻に折り重なって入れられてしまう大切な命。

処分場では、檻のまま何メートルも落とされ、
骨折したり内臓破裂してしまう大切な命。

死後硬直すると皮を剥ぎにくいからという理由で、
生きたまま手にかけられる大切な命。

靴やかばんやダウンの襟元を飾っているのは、
他でもない、大切な命です。

その大切な命を無残な死に追いやっているのは、
何も知らない、知らされない私たちです。

残念ながら、私はベジタリアンでもなければ、
動物愛護を訴えて、下着姿で街なかをねり歩く勇気もありません。

だけど、少し肌寒くなってきた今、ここで、声を大にしていいたい。

街で、毛皮を見かけたなら、思い出して欲しい。

檻の中で絶望しながらも、最後まで、人を信じようとするあの眼差しを。

あなたが買わないことで、救われる命があることを。

もしかすると、それが、
明日のあなたのワンコやニャンコの姿かもしれないということを。



このところ、国内の企業でも、ファーは一切使わない、
というところが増えたそうです。

ユニクロ しかり、無印良品 しかり。

変えたのは、消費者の声です。

ひとりひとりが意識を持つことで、声を出すことで、
この国ももっと、変わると信じています。




画像






画像


                みんな、大切な仲間だよね!

                
にほんブログ村






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
ブログのリンクをありがとうございます。
今回の私がブログに書いた事は、お友達の『やっちこゃん』のブログで知った事です。
やっこちゃんは、エジンバラ在住で、そこから色んな情報を発信して下さっています。
よかったら、やっこちゃんのブログもリンクして頂けると、とても嬉しいです。
【弥生、スコットランドはエジンバラ(エディンバラ)発!】http://scotyakko.exblog.jp/
やっこちゃんは、お茶目でとても可愛い女の子ですよ♪
私、やっこちゃんが大好き!でして。まだ一度もお会いした事はないのですが、何時かお会いしたい方です!!
最後に、一人でも多くの人の目に留まり、毛皮がどんな風にして作られているのか?現実を知ってほしいと思います。そして・・日本中で毛皮の不買運動が沸き起こる日が一日も早く来る事を祈ります!
ありがとうございました。
ひなえ ももこ
2012/09/26 09:23
ももこさん、
ありがとうございます。
ペット大国の、しかも温暖な国の日本で、毛皮製品が氾濫しているのは、おかしいですよね。
毛皮問題の現実を知らせる事が、誰かの考えるきっかけになればと思っています。

『やっこちゃん』のブログも訪問させていただきます。
私もブログを通じて知り合った、海外在住の友人がいますが、外から見て初めて分かることも、きっと多いでしょうね。
ありがとうございました。
ソレイユ
2012/09/26 10:59
さっそくももこさんのブログを拝見しました
檻に入れられた動物の姿に絶句
嘘の表示も付けられて。。。
人間の恐ろしさを再認識させられました
昔から毛皮に興味はなかったのですが
この事実を知ったのは私もブログを始めてからです
セツさんという方の1click animalsという
HPでした
少しでも多くの人に事実を知ってほしいですね
知ることは大切です
ルーシーママ
2012/09/29 11:23
私も初めて知った時は衝撃を受けました。
ブログにも書きました。
家中のファー製品を並べて呆然と立ちつくしました。
ファーの真実…知らない方は大勢いると思います。
保健所に送られた動物達が注射で殺されている(安楽死)と思っている方も大勢います。
知り合いの農家さんのお宅に狸が現れて、捕獲されたんだそうです。
行政の人が来て注射で殺されたのだそうです。
「ついこないだまで飼われていたペットはガスを吸わされて窒息死なのに…」と言ったら、とても驚いていらっしゃいました。
とっても辛い現実だけど、知らないといけませんよね。
本当に人間って…。
たまにイヤになります。
マロ点
2012/09/29 18:14
ルーシーママさん、
ありがとうございます。
何も知らずにいると、犬が犬の毛皮を着て、犬肉でできたフードを食べるような気がして、なりません。
もちろん、犬だからダメで、ウサギや牛なら仕方ないのではなく、
すべての動物の置かれる悲惨な状況が少しでも改善されればと、心から思います。
知る事は大切です。
そして、『知る事は背負う事』 ですね。
ソレイユ
2012/09/30 02:11
マロ点さん、
ありがとうございます。
去年の8月だったか、マロ点さんの呼びかけに応じて、環境省に、パブリックコメントしたことがありました。
ペットショップや繁殖業者問題、
害獣害虫の元になる、外来生物の輸入販売問題、
そして、毛皮問題。
動物達を、殺すのも人間、守るのも人間。
改善されるには、多くの声と時間が必要でしょうが、
訴え続ける事が大切ですね。
ソレイユ
2012/09/30 02:29
こんにちわ

ファーが犬の毛・・・
知りませんでした!
私の周りのみんなにも 
この事実を教えます
こんな 残酷なことがあっては 駄目です!
一人一人が事実を知って 行動しないといけませんね
バロまま
2012/10/02 08:43
バロままさん、
ありがとうございます。
私も、文字や言葉だけなら、
信じることができなかったと思います。
でも、あの悲惨で残酷な画像を見たら、
絶対に、誰かに知らせないと、と思いました。
まずは自分が買わないこと、
周りに教えること、
そして、毛皮を使わないで、と、
声をあげることですね。
ソレイユ
2012/10/02 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ファーは犬の毛』ご存知ですか? 再び… 陽だまり日記    ケントと歩いた12年 そして…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる